SERVICE サービス

tax control measures節税対策

不動産オーナー・大家さんのための節税対策

「売上は上がっているが利益が少ない」「不動産賃貸経営の節税対策に詳しい税理士を探している」このような方はぜひ、当事務所にご相談ください。不動産オーナーのための所得税と消費税の節税方法について熟知した税理士やスタッフが対応させていただきます。

不動産賃貸業の代表的な3つの節税手法

1 法人化による節税

法人化による6つのメリット

  1. 法人の方が経費化しやすい

    個人の不動産所得は経費が認められにくいですが、法人であれば経費化できる範囲が広がります。

  2. 個人と法人の税率差を活用

    日本の税制では、所得が高くなればなるほど個人の所得税の方が税率が高くなります。税率の差を利用して節税することが可能です。

  3. 役員報酬を通じて所得を分散

    不動産賃貸業を個人事業として営んでいる場合、オーナーに対して給与を支払うことはできませんが、法人を設立すれば本人や家族に役員報酬というかたちで給与を支払うことができ、所得分散が可能です。

  4. 給与所得控除が利用可能

    役員報酬は給与所得控除を利用することができるため、節税になります。

  5. 消費税が2年間免除

    法人を設立すれば、2年間は消費税の免税事業者になるため、短期間ですが節税になります。

  6. 相続税対策

    法人所有の財産は個人の相続財産からは除かれるため相続税対策になります。

2 建物の修繕による節税

不動段賃貸物件の建物の修繕による節税手法とは、不動産所得を修繕費により繰り延べることにより所得税を圧縮する方法です。

3 物件の取得時に支払った消費税の還付

不動産購入時に土地の価格には消費税は含まれていませんが、建物の価格には消費税が含まれた金額を支払うことになります。消費税還付は、この消費税の還付を受けられるというものです。消費税還付には条件がありますので、消費税還付による節税をお考えの方はお気軽にご相談ください。